実は厄介な鳩の被害|対策して家に寄せ付けないようにしよう

メンズ

困ったときは依頼する

蜂の巣

作ってしまう原因

蜂の巣は住宅にも作られることがあります。作れるスペースさえあればどこにでも作ってしまう可能性がある蜂ですが、もし家の周辺で飛んでいたら外に置かれたゴミが原因になってることもあります。実はゴミを置いておくと蜂が集まる可能性が高くなるのです。蜂の巣は普通自然の中で作られますが、最近では都会や町にも適応できる蜂が増えています。本来は昆虫や幼虫を餌にして生きていますが、人間が出す生ゴミを食べて生きていける種類もあります。なのでゴミを屋外に置いておくと、その周辺に蜂の巣を作られてしまいます。生ごみの他にも、外に放置した家具などの粗大ゴミは雨風を凌ぐので、敵から身を守るために作る可能性が高いです。蜂にとっては非常に都合のよい環境になってしまうのでゴミはなるべく片付けましょう。凶暴な種類もいますから、周辺で数匹飛んでいたりすると家のどこかに蜂の巣を作られてるかもしれません。発見したら速やかに退治を依頼しましょう。

特に危険な時期

とくに夏から秋にかけて蜂の活動が活発化するので、この時期に蜂の巣を見つけたらなるべく離れて身を守りましょう。この時期は特に働き蜂の警戒心が高くなっているのです。なので下手に巣に近づくだけで襲ってくる可能性があります。山の中に蜂の巣を作る種類もいるので、街だけでなく行楽シーズンで山に出かける時は気をつけないといけません。実際、行楽シーズンに蜂による被害が毎年報告されています。特に蜂の巣が大きくなってた場合、無理に自分で退治するのはやめましょう。刺されれば大けがになる可能性があるのです。また、刺されたことでアナフィラキシーショックを起こして死亡する人も毎年います。場合によっては命に関わることなので、退治はプロの業者に依頼してやってもらいましょう。退治にかかる時間は数時間ほどとなります。できれば活動が静かな夜〜朝にするとスムーズに進みます。

このエントリーをはてなブックマークに追加